2017年07月19日

若獅子


初戦敗退。
何と言っても準備不足でした。

試合を振り返ります。
初回の攻撃
相手投手の立ち上がりを攻め、死球で出塁したゆうじんを送り、けんしん、れおの連打で3点を先取。しかし、勢いのある攻撃も3点リードで少し気を緩めた結果からか、その後はミスで波を断ち切ってしまいチェンジ。
試合を通し、残念ながらここがこちらの攻撃の終焉となってしまいました。

相手チームはリードされながらも焦らず流れを自分たちの方へじわじわ引き寄せ1回終わって3対2。一気に1点差に縮められちゃいました。

2回の攻撃は、1アウトからひろたかがレフト前へ弾き返し出塁。
そして、りーりーりー、ゴーー‼️晃一先生の声と共に好スタート❗️激走。。盗塁成功(*^_^*)
はい。もちろんサインなんて出ていませんよ(笑)間違いなく晃一先生の声につられていっちゃってますね(-_-;)
低学年の選手ならまだしも、今のジュニアの姿、これが5年生のキャプテンなんです( ̄∇ ̄)
頭抱えたい気持ちもありますが嘆いてもはじまりません、これからなんとかして練習し成長してもらうしかありません。
続くレイは高めのボール球に手をだし倒れ2アウト。
さー、ここでゆうじん!奪われかけた流れも、得点も全部こっちへ持ってこーーい!!!
追加点のチャンスにスタンドの応援も更に大きくなりました。
いったー!!真っ芯で捉え、ジャストミート!!しかし、しかし強烈な打球もサード正面( ̄∇ ̄)。。で敢え無くチェンジ。不運にもチャンスをものにできませんでした。

その裏、けんしんが乱れます。制球も乱れましたが、それよりも自らの守りにミスが出ちゃいまして、2回終わって逆転を許してしまいました。

その後は。。一方的な展開となり完敗(T_T)

チャンスを作るも活かせませんでした。
アウトには成っているものの、ホームへ1塁へ送球の乱れも沢山ありました。
ワンヒットで止めなければいけない所で、止めれませんでした。
守備固めで交代した選手ですら平凡なフライを落球しちゃいました。
ダメな所ばかりが目立つ試合結果となってしまいました。

あの打球を
さばいていれば
止めていたら
しっかり送球できていたら

あの打席
出塁できていれば
チャンスで打てていれば

あの走塁
サイン通り進塁できていれば
相手の動きを見て止まれていれば

俗に言うたらればです。

守備、打撃完全に準備不足でした。
低学年との合同練習、練習試合全く足りませんでした。天気にも恵まれず3割程度の準備で挑まざるを得ない大会と成ってしまった事、本当に申し訳なく思います。
これも、あれも、それも、全てがこれからです( ̄∇ ̄)これからいっぱい練習していきましょう。

負けた結果は、苦い思い出です。
しかしそれよりも今選手が抱えている課題が浮き彫りになり私としては来年へ向けたチーム作りのヒントが沢山いただけた大会となりました。
守備位置も例年ならこの時期大体固まってくる頃なんですが、全て考え直しです。一掃し1から考えなおし。

3、4年生が先発する今のジュニアチームでは、5年生が余程頑張り、下を引っ張っていかないと試合には勝てません。チーム力の底上げ無しには来年への光、見えては来ませんからね。

あと1人。。。補強できればきっとかなり強くなれます。、その1人を待つのか、俺がその1人に成長してやる!と頑張れる選手が出てくるのか、いやいや、俺が2人分頑張って強くしてやる!と噴気する選手が出てくるのか。
形は様々ですが、今年の5年生、来年どんなレギュラーチームになっているのか今から楽しみです。

最初から上手い選手がいないように、初めから強いチームなんてありません。
これから、どれだけ頑張れるかです。
ちなみに、今年のレギュラーチームも去年のこの時期まで、一度も対外試合、優勝できていませんからね。焦らず頑張っていきましょう(*^_^*)

秋季ジュニア大会では少しでも良い結果が残せるよう日々の練習から真面目に取り組んでいきましょう♪

ご期待に添えず、すみませんでした。
一生懸命反省⑤

追伸、
あかふじを控えた6年生が豊岡まで揃って応援しに来てくれました。ベンチ裏から意外な程声を張り上げ、ピンチでは必死に5年生へ指示を送る姿がとても印象的で、こいつら、しっかりそこまで指示出来る選手に育ってたんや( ̄∇ ̄)と、少し嬉しく、また頼もしく思えた大会でもありました。



Posted by 香寺クラブジュニア at 13:12│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。